スーパーの駐車場で駐車をしようとしていたら,相手方の車にぶつけられて私の車のドア部分がへこんでしまいました。ただ,この事故については,相手が全面的に非を認めてくれて,修理代も全額払うと言ってくれています。私としては,お互いにけががなかったので警察に届けなくてもいいのかなと思うのですが,法律的に何か問題はあるでしょうか。

交通事故が発生した場合,車両運転者には,事故発生後直ちに警察へ事故の報告をする義務があります(道路交通法72条1項前段)。この義務は,過失の有無や人身・物損にかかわらず課される義務ですので,例え相手方が100%の責任を認めているときでも警察に通報しなければなりません。
相手方が非を認めているということですが,事故発生当初は,加害者側も動揺していることから,とりあえずその場の追及を逃れるために,自分に責任があるという発言をすることがあります。しかし,家に帰って冷静になったり,家族や友人から指摘されることで,その後態度を変えるおそれがあります。そのため,相手方が非を認めている場合でも警察に通報しておいた方がよいと思われます。
事故が起こった直後にしておいた方がよいこととしては,現場の状況を証拠化しておくということが言えます。特に,警察が到着するまでの間に事故の様子を写真に撮っておくと,後々になって事故の態様や損害額を争われたときに裁判所に証拠として提出することができます。その際,様々な角度から写真を撮っておき,どの角度から撮ったのかがわかるようにしておくと効果的です。ただし,事故直後は,お互い感情的になっていることが多いですから,警察が到着してから写真を撮る方がよい場合もあります。
警察が到着すると,事故の状況について聴き取りなどを行い,交通事故証明書を作成します。これは,過失割合を考える上で非常に重要な資料となりますので,必ず作成しておく必要があります。作成された交通事故証明書は,自動車安全運転センターに請求することで手に入れることができます。

アクセス

横須賀中央駅東口徒歩2分

神奈川県横須賀市若松町1-1
野上屋ビル6階(地図はこちら

交通

  • 京急横須賀中央駅東口徒歩2分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横須賀を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート