先日父が亡くなったのですが、遺言書が父の机の引き出しから見つかりました。そこにはすべての遺産を私の兄に相続させる、との文言が書いてありました。確かに父とは絶縁状態であったのは事実ですが、私は一銭も遺産を受け取ることができないのでしょうか。ちなみに私は3兄弟の真ん中です。

お兄様に遺留分減殺請求をすることで、遺留分の額を取り戻すことが可能です。
まず、遺留分について説明しますと、「遺留分」とは、遺言等により相続分がゼロ、もしくは「遺留分」として法律に定められた割合未満の相続分しか得られなかった相続人に対して、「遺留分」として法律に定められた割合までは取り戻す権利を与えた制度です。
次に遺留分の権利はだれに認められているのかについて説明しますと、①配偶者 ②子 ③直系尊属に認められており、兄弟姉妹には認められていないことに注意が必要です
では、遺留分って具体的にどれくらい認められるのかについて説明致します。
若干複雑なのですが、まず、相続財産のうち、全相続人に与えられる遺留分の全体量が何割なのかを計算します。これは、①直系尊属のみが相続人であるときは相続財産の3分の1、②それ以外は2分の1と定められています。今回の件では被相続人がお父様で、相続人が配偶者であるお母様と子であるご相談者様とお兄様なので、この②にあたります。よって、相続財産のうち2分の1は相続人全員の遺留分の総量として分配すべきものという扱いになります。
次に、この遺留分の総量としての相続財産を、さらにそれぞれの相続人に分けることとなります。この分け方は、Q1で説明した「法定相続分」と同じです。これによると、今回の件では配偶者と子二三人の相続人なので、配偶者が2分の1、子三人が6分の1ずつということになります。この割合で、先ほど説明した相続人全員の遺留分の総量を分ければよいということになります。
以上の二つを併せると、相談者様には、相続財産のうち、2分の1×6分の1=12分の1の遺留分が認められることとなります。
では、遺留分をどのように請求すればいいかについて説明致します。
遺留分減殺請求する旨の意思表示があればよいと考えられていますので、内容証明郵便等によって、明確な意思表示をしておくのが良いです。裁判をする必要まではありません。
ただし、相続の開始(ここではお父様の死亡)と減殺すべき行為があったこと(ここではすべてを弟様に相続させる旨の遺言)を知ったときから1年、もしくは相続開始のときから10年で時効にかかってしまい、請求ができなくなってしまうことに注意が必要です。

アクセス

横須賀中央駅東口徒歩2分

神奈川県横須賀市若松町1-1
野上屋ビル6階(地図はこちら

交通

  • 京急横須賀中央駅東口徒歩2分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横須賀を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート