父が亡くなり、葬式費用や墓地購入などの出費をしましたが、これらについては相続財産から支出することができるのでしょうか?また、私が祭祀承継者として引き継いだ仏壇などの財産についても課税の対象となるのでしょうか?

葬式にかかった費用については税額を計算するうえで控除できるものがあります。また、仏壇などの祭祀承継に関係するものの中には課税の対象とならないものがあります。
・祭祀承継に関わる財産について
相続においては、原則として、相続や遺贈によって取得したすべての財産が課税の対象となりますが、その性質、社会政策的見地、国民感情などから相続税の課税対象とされていない種類の財産(「非課税財産」といいます)があります。
墓地、霊廟、仏壇、仏具、神棚、神体、神具などもその非課税財産のひとつであり、基本的には課税対象にはなりません。ただし、骨董品としてあるいは投資目的で所持していた仏像等については非課税となりません。
・葬式にかかった費用について
葬式にかかった費用のうち税額を計算する上で控除することができるのは、①葬式において埋葬、火葬、納骨等に使った費用、②葬式に際して施与したお布施、読経料、戒名料などの費用、③死亡広告費用やお通夜にかかった費用、④死体の捜索・運搬、遺骨の運搬にかかった費用などです。
他方で、香典返しの費用については控除することができません。受け取った香典については課税対象となりませんので、それに対応する香典返しについても控除をしないものとされているようです。
また、先に述べたように墓地・墓石などを被相続人から相続した場合には、これは課税対象とはなりません。このことに対応して、被相続人の死をきっかけに相続人がこれらの購入をした場合でもそれは非課税財産の購入であり、その購入費用は税額の計算において控除されないこととなっています。

アクセス

横須賀中央駅東口徒歩2分

神奈川県横須賀市若松町1-1
野上屋ビル6階(地図はこちら

交通

  • 京急横須賀中央駅東口徒歩2分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横須賀を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート