相続税の申告はいつまでにしなければならないのでしょうか? 仮に、申告期限内に遺産分割協議が成立しない場合にはどうしたらよいですか?

相続税の申告は、相続をする者が相続発生を知った日の翌日から10か月以内に行わなければなりません。これは、申告期限までに遺産分割がなされた場合に限らず、遺産分割がされてない場合も同様です。
・申告はどのようにすればいいの?
未分割の場合の申告は、各相続人が民法上の法定相続分に基づいて各自の相続税額を算定して申告することになります。そして、申告期限後に分割が調い、課税価額に変更があった場合には、その分割により取得した財産に基づいて算定した課税価額を基礎として修正申告または更正の請求を行うことになります。
・申告をしないとどうなるの?
分割について家族間で争いがある、行方不明者がいるなどの事情によって遺産分割協議が成立しない場合でも、期限内に申告をしなければ延滞税、無申告加算税などのペナルティが課されるおそれがあります。
・未分割のまま申告する場合には何かデメリットがあるの?
相続税の計算上、減税などの特例がありますが、その中には遺産分割が成立していることを条件とするものがあります。例えば、配偶者の相続に関して原則法定相続分までは相続税がかからないとする税額軽減、小規模宅地について一定の面積まで評価減(課税対象となる財産の価値を低く見積もることで税額が低く算定されます)をする特例などが、これに当たります。そのため、申告期限までに遺産分割がされていなければ、これらの特例が適用されないというデメリットがあります。
ただし、未分割のまま申告をする際に「申告期限後3年以内の分割見込書」を添付して提出したうえで、実際に3年以内に遺産分割が確定し、その後4か月以内に更正の請求をした場合には、あらためてこれらの特例の適用を受けることができます。

アクセス

横須賀中央駅東口徒歩2分

神奈川県横須賀市若松町1-1
野上屋ビル6階(地図はこちら

交通

  • 京急横須賀中央駅東口徒歩2分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横須賀を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート